HK-S105
THREE DIMENSION TAPERED

​※写真はサンプルの為一部仕様変更の可能性があります。

HK-S105
THREE DIMENSION TAPERED

S/M/L

c/#WA / ONE WASH
c/#SW / STONE WASH

​¥20,900(in tax)

SOLD OUT
HK105swMATOME.jpg

※モデル身長178cm 体重75kg
c/#SW Mサイズ着用​

HK105waMATOME.jpg

※モデル身長178cm 体重75kg
c/#WA Mサイズ着用​

 

  デザインノート  

「立つ」「座る」「走る」膝の動きを重視した「立体裁断」モデルに「強さ」をアップデート

骨子は歴代のデザインの中で最も「動きやすさ」に特化した言わば「スポーツモデル」の
HK-1005をベースに「強さ」をアップデートしたモデル。


ハンズフリーシリーズのカバンの様なビッグポケットの収納力はキャンプや普段の生活にはとても重宝するが、
より「動く」事を主にした行動の時そのバッグの部分が少し邪魔に感じる事もあった。
アウトドアー全般を楽しむときに、キャンプ以外の活動、例えば低山ハイクなどは収納力よりも機動性を重視する。
そういったシーンで活躍するツールパンツを作りたかった。


そしてHK-1005を実際に1年以上フィールドテストし
「キャンプシーンで穿ける機能をアップデートしたい」と思うようになったのが開発のスタート。
NANGA社の「TAKIBI」素材は難燃性が先行して紹介されるが、生地の物性も非常に高く
その中でも「摩擦強度」が秀でて強い。
それは耐熱性を謳うアラミド繊維が、刃物や研磨などで手の怪我を防ぐ「耐切創手袋」でも使用されることで
証明されている。
その摩擦に強い性質を生かして、シーンで摩擦が起こり物性のプロテクトが欲しい部分にTAKIBIを使用した。

基本的には足の盛り上がった突起部分。
まずは「モモ」。脚の中で一番盛り上がった部分で知らず知らず手を添えたり
普段の無意識で摩擦されることが多い。
次に「ヒザ」。外では気を使ってあまり無いが、室内やテント内で意外と膝をついてする作業が多い。
子供と遊ぶ時などは特によく膝を付く。
そして「お尻」地べたスタイルは元より、椅子に座るのもお尻。
石の上、草の上、滑り台等、アウトドア=自然に尻をつきに行くみたいなものだ。

その「もも」「ヒザ」「尻」の3大盛り上がり部分に摩擦に強い「TAKIBI」を使い、強さをアップデート
もちろんキャンパーに付きものの「焚火」の火の粉にも強い一石二鳥のアップデート。

 
DSC08555.JPG

​  シルエット  

人間の脚の形に添ったシルエット

人間の足は直立していても「直線」ではなく
「くの字」に曲がっている
シルエットはウエスト、渡りにゆとりがあり、膝から下は細身のシルエット。​
膝に4つのダーツがあり、横から見ると「くの字」に曲っているのは
人間の足の形に添って立体裁断で設計したから。


膝だけに稼働ダーツを取ると、人によって位置の違うヒザが
擦れてしまうと逆に動きにくくなってしまうので
膝の上にも2本のダーツを入れることで膝上方向に可能粋のトンネルを作り、
人それぞれの膝の位置でも動きやすいパターンにしている。


曲げ伸ばししやすい=座った姿勢でも負荷が少なく
車で移動などの長時間座った姿勢でも、脚に負担をかけることなく
疲れにくいシルエット。


ストレッチデニムの特性上、洗い加工で熱をかけると多少縮んでいく性質があり
ワンウォッシュ(WA)はストーンウォッシュ(SW)よりもハーフサイズぐらい太くなります。
 

 

   素材について   

 

 ナンガ社オリジナル難燃素材 
 【TAKIBI】タキビ使用 

焚火の火の粉でも安心「 TAKIBI 」素材を「もも」「ひざ」「ヒップ」に贅沢に配置。難燃性もさることながら、耐摩擦性能も高く「摩擦」が起こりやすい部分に配置しました。
 
通常ポリエステルやナイロンなどの合成繊維全般は熱が大敵で焚火の火の粉が付くと一瞬で穴が開き、炎が付いてしまうと一気に延焼してしまう
火に近づき辛い特性がありますが、一方アラミド繊維は耐熱性が高く炎が付いても直ぐに炭になり、延焼しにくい特性があります。

軽く、しなやかな合成繊維のポリエステルの良さと
強靭で燃焼しにくいアラミド繊維をブレンドし、
火の粉に強く、強靭な素材 【 TAKIBI 】を今回「もも」「ひざ」「ヒップ」に贅沢に配置しました。

(部分的に難燃素材「TAKIBI」を使用しておりますが、不燃素材ではございません。
熱により焦げたり、溶けて穴が開くことがございます。直火または火の粉には十分ご注意の上ご使用ください。)

Image by Benjamin DeYoung
ナンガ透過.png

 【 RAWHIDE BLUE DENIM】 

 
DSC08142.JPG
ISKO四角.jpg

トルコのデニムメーカー「ISKO」のスーパーストレッチデニムを使用。
最高のストレッチ素地を探した結果「ISKO」にたどり着いた。
ヨーロッパのデニムメーカーと言う事もあり、日本のデニム屋とは視点が違う生地も多く
特にストレッチデニムにおいては、伸縮性、キックバック力、伸長回復力などの開発力は世界一だと思う。
「ビンテージを忠実に再現する」「今までにない高密度で頑丈」等の過去をブラッシュアップする開発は
日本が世界一だが、「重そうに見えて軽く、軽いのに凄いストレッチ性」と言った今までにない物は
ヨーロッパが得意とする様に思う。

「RAWHIDE BLUE DENIM」はそんなISKO社とタッグを組んで採用した生地
生デニムの様な鈍い光沢感と重厚な顔つきに相反する驚きのストレッチ性と柔らかさが特徴。
コーティングによる弱撥水性があり、汚れにくく インディゴの色落ちもコーティングにより
ある程度​抑えられる。

非常にストレッチ性があり大胆な動きにもしっかりと付いていってくれ​第二の皮膚の様に動きやすい素材。
​驚きの穿き心地、動きやすさをぜひ体験して欲しい。

​  機能とデザイン  

 

【 スプリットファスナーポケット】

左後ろ身頃には「スプリットファスナー」と言う特殊ファスナーを使ったビッグポケットが配置されています。
スプリットファスナーとはファスナーのエレメント(歯)が内側に隠れている事で、表からの摩擦に強く
凹凸が少ないのでスッキリとしたデザインが特徴です。

今回はその「歯」の色を配色にすることで
デザイン的な面と
野外でも視認しやすくしています。

ファスナーを開くと赤い「歯」が見えるデザイン。

press to zoom

大事なものをしっかり守ります。

press to zoom

ファスナーを開くと赤い「歯」が見えるデザイン。

press to zoom
1/2
 
 

脇の傾斜角とFEMUR POCKET

人の腕は力を抜いて自然に立つと前に傾いています。

その自然な体勢で無理なくポケットに手が入れられるように脇線を斜めに20°傾ける事で、腕の可動域にフロントポケット口を移動し、アプローチしやすい設計。
 
右後ろのモバイルフォンポケットを大腿骨<FEMUR>(脚の付け根の上)に来るように設計しました。
そうすることで座った時のモバイルフォンをお尻で踏んでしまう事の無い位置に設定しています。

モバイルポケットにはミニスナップボタンを付け走っても飛び出さない様に開閉が出来ます。
 
さらにスナップボタン上には​凹凸のざらつきのあるグログランテープを使っているので、見ずに指だけで感覚的に開閉できるようになっています。

DSC08482.JPG
DSC01414.JPG

【  カラビナループ  】

左前に付くアイコニックな赤いループは
「カラビナループ」と言うディテール。
キーホルダーのナスカンやカラビナを引っ掛け
大事なカギ等をホールドしてくれます。
ループ直下に収納用のポケットも付けているので
使用時はチャラチャラと邪魔にならない様になっています。
 
又、このコードの内側には6本の芯糸が通された
パラシュートコード(通称パラコード)を採用しています。
パラコードとはパラシュートに吊るすためのロープのことです。
パラシュートに吊るすために高強度になっていて、アウトドアや登山でも十分に使えるロープですね。パラコードの最初は第二次世界大戦で、古くから丈夫で信頼性の高いロープとして使われてきています。

 

ループにホールドした鍵などはコインポケットに収納。チャラチャラと音が鳴らない様に。

press to zoom

press to zoom

ループにホールドした鍵などはコインポケットに収納。チャラチャラと音が鳴らない様に。

press to zoom
1/2

【ワッペンネーム】

3種選べて付け替えられる。

ミリタリーアイテムに多く採用される「ワッペン」元は軍の所属チームや階級などを示す「ワッペン」を付ける為のディテールで、ミリタリー系の服にたまに面ファスナーの土台だけが付いているのはそう言った意味がある。そのディテールを今回はブランドネームに落とし込み取り外しアレンジが可能なワッペンにしました。もちろんお手持ちのワッペンも付けられるのでその日の気分でアレンジできる遊び心のあるデザイン。もちろん全て外して、お手持ちのキャンプギアに移植することも出来ます。

 
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1
DSC08129.JPG

【 ストレッチウエスト & スライドベルト】

ウエストにはストレッチテープを通しストレッチ性を持たせ
特殊な織りのポリプロピレンのベルトを樹脂バックルで絞っています。
ベルトをせずとも軽くホールドしてくれるのでポリプロベルトは
​軽く補助するぐらいでウエストをホールドしてくれますし、
​何よりベルトが要らないので軽く、扱いもイージーケアです。

 

 
 

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2

【  3Dクロッチ  】

ハイキングやしゃがんでする作業の時に
脚を開脚しやすいように
股下には「3Dクロッチ」カットを採用

前身頃を後ろ身頃に立体的にまわし込む事で、
マチ布と同様の可動域を確保しています。

DSC08131.JPG
 

【 パーメックスボタンで開閉  】

素早く着脱をするアクティブなシーンをイメージし
フロントボタンを薄型のパーメックスボタン
にしています。

一日を終え、出来るだけ素早く脱ぎたい
そんな時、ワンアクションで開ける事が出来る
​地味ですが便利な設計です。

DSC08137.JPG

【 ポケットスレーキ】

「スレーキ = ポケットの袋布」にはポリエステル65%レーヨン35%の30番手の糸で織ったツイルを採用。

「スレーキ」とは昔は綿の織物を指しましたが、綿だと水道水で何度も何度も洗っていると脆化し強度が落ちてくるのでポリエステル高混率の物をチョイスしています。
ただポリエステルだけだと風合いが硬いのでレーヨンを少し混紡する事で柔らかな風合いを出しています

 
SOLD OUT

 サイズについて 

 
HKS105.jpg

※生地の収縮や縫製の誤差等で若干の誤差は許容ください。
※ウエストはゴムを伸ばさずに測った「ゴム上がり寸」です。

※ヒップは腰回りの一番大きい部分の両脇端を測り、その値を2倍した長さです。

※MADE IN CHINA

 

 サイズ感の参考 

<Lsize> 178㎝ 75kg
<Lsize> 178㎝ 75kg
press to zoom
<Lsize> 178㎝ 75kg
<Lsize> 178㎝ 75kg
press to zoom
<Lsize> 178㎝ 85kg
<Lsize> 178㎝ 85kg
press to zoom
<Lsize> 178㎝ 85kg
<Lsize> 178㎝ 85kg
press to zoom
 

<H.A.K.U商品の修理について>

​H.A.K.Uの商品は永久修理保証が付いています。

それは我々のバックボーンが自社工場であり、生産者自身である誇りと責任です。

□ 修理をご希望の場合は、下記連絡先にメールを頂くか、電話にてご相談ください。

□ 修理品は修理内容により、時間がかかる場合がありますので、ご了承下さい。

□ 修理内容や製品によっては、修理が出来ない場合がありますので、ご了承ください。

□ 素材の経年による劣化やご使用による激しい損傷など製品寿命である場合、

修理不可能な場合もございますので予めご了承ください。

□ コラボ製品なども同様に保障いたしますが、

モデルによって素材在庫の理由などで元通りの修理が行えない場合もございます。

□ 一部修理において、有償となってしまうケースもありますので予めご了承ください。

 

<修理品に関するお問い合わせ先>

タカヤ商事株式会社 

 

営業時間 平日 月~金 10:00~17:00

 

TEL   :  084-955-3601  

 

MAIL :   haku@fib.takaya.co.jp