HK-M503
CB GAS COVER
FABRIC: TITANIUM BLUECLOTH

FANCTION: 撥水加工、難燃加工
PRICE  :  ¥4,400(INTAX)

ONLINE SOTORE

HK-M502
TRANSFORM SACOCHE
FABRIC: TITANIUM BLUE CLOTH

FANCTION: 撥水加工、難燃加工
​SIZE :  W:12cm H:10cm

PRICE  :  ¥5,940(INTAX)

 

トランスフォームサコッシュ​​

サコッシュとは自もともと転車のロードレースやトライアスロンなどの長時間競技の際に、選手のサポートメンバーが補給食をサコッシュに入れて渡していたのが始まり。斜めがけできるので、両手が空き、動きやすくなるメリットがある。

その名の通り用途トランスフォーム(変化)できるサコッシュ。

キャンプの時はパンツやジャケットにポケットの多い物を着ることが多いがポケットが多すぎて小さな物が「遭難」する。

小銭や車のカギ、ライターや火起こし棒、ファイヤースターター等そう言ったよく使う「小物」を入れるサコッシュとして使う。

​そして形状をOD缶250のカバーとしても使える形状にしました。

0Dガス缶として使うもよし、普段使い兼用のサコッシュとして使うもよし。

​使いたいように使ってください。

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/4

完全に私の趣味だが

肩紐には「ダイニーマロープ」を使用。

そして作り方は「ウーピースリング」の製作法で作っている。

ダイニーマというのは、実は 「超高分子量ポリエチレン」 という 繊維に付けられた商品名 。 

鉄の15倍の強さをもち、編み方や裁縫の仕方によっては、数百キロの荷重にも耐えられます。一般的な210デニールのナイロン生地と比較すると、1/4~1/5の重さで同じ強度を出すことができるため、近年ではウルトラライト系のアイテムによく使用されている。

ウーピースリングとはハンモックの両端を木につなぐ伸縮調整可能なロープの事。

​ウーピースリングの面白い所は「ウルトラライト(超軽量)」のジャンルから生まれた物だけに縫製や金属ストッパー等の付属を使わずに

ロープの目に直接編み込んでロープの伸縮性を調整する仕様やコードエンドのリングを作ったりしている事。

とてもミニマムな作りで限界まで軽い物なのに体重を支える以上の強靭な事。

要するに「画期的に強い新素材のロープ」で作った「伸縮可能なロープ」

もちろんハンモックのウーピースリングの延長に使うこともできるし

薪や家具などをを結束するロープにしたり

地面に置きたくないザックを木にぶら下げたり

ランタンをポールにひっけたりする時にも使える。

​アイデア次第で何とでも使える「道具」になる。

DSC03716.JPG

肩ひもを20センチほど伸縮できる仕様。

ストッパー付属を使わず、紐自体にストッパーの機能を​持たせる。ハンドメイドならではの仕様。

肩ひも(ウーピースリング)を分離して、ランタンハンガーに吊るす。 揺れる光が落ち着く。

ロゴプリンとはタープなどと同じ「抜き染め(抜染)」のハンドプリント。

きれいな藍染のブルーを残すために完全に抜け切る前に色を残している。自然と生まれる色の濃淡のムラが美しい。

プリントロゴを正面に右側には「MADE IN JAPAN」の織ネーム。

表面は「MADE IN JAPAN」裏面は「MADE IN IBARA」

​井原の自社工場で生産した誇りのサイン。

口を絞るコードは中心に3本の芯が通る3㎜のパラコード、白く見える点々は反射材のテープが編み込まれており、暗がりで光を当てると光が反射してくれるので​

​薄暗い夕刻でも開閉がしやすい。

  サイズと仕様

サンプルのサイズ仕様です。

​本生産に向けてはサイズ感や仕様もさらに改良されますので、若干の変更がある場合がありますがご了承ください。

 

HK-M503
CB GAS COVER
FABRIC: TITANIUM BLUECLOTH

FANCTION: 撥水加工、難燃加工
PRICE  :  ¥4,400(INTAX)

ONLINE STORE

冬の寒空の下、煙草を吸おうとガスライターで火を使てくてもなかなか点かない。そんな経験はしょっちゅうあります。

今は煙草も止めましたが、冬キャンプなどの寒い時期にガス缶が冷えた状態で使うとガスが気化しにくくなかなか火が付かない。

そんな為にアウトドア用のガス缶は気化温度の低い「冬用」があります。

そんなガス管の冷えを防ぐアイテムとして開発された道具「ガス缶カバー」

今はサイトの装飾の意味で使われることが多いですが、元々は見栄えではなく「機能」の為

いろいろなメーカーが良い物を作っているので、H.A.K.Uがわざわざ作る必要があるのか?少し躊躇しました。

正直こうゆう小さな物は日本で作るととても高く付き、海外製の物の方が凝った作りで安い。

日本製にすると海外縫製の物に値段が合わせられない。

でもやっぱ統一感を出したくて、、要するに自分が欲しいので作りました。

​少し割高ですが物はしっかり裏地にも岡山県産の13ozヘビーウェイトデニムを使用。

IMG_7130.JPEG
IMG_7125.JPEG

ロゴプリンとはタープなどと同じ「抜き染め(抜染)」のハンドプリント。

きれいな藍染のブルーを残すために完全に抜け切る前に色を残している。自然と生まれる色の濃淡のムラが美しい。

DSC03693.JPG
DSC01573.JPG

背面のテープはトーチとして使う時のグリップに、コンテナのデイジーチェーンにフックしたり。

DSC03764.JPG
DSC03767.JPG

地にも岡山県産の13ozヘビーウェイトデニムを使用。

「表にはMADE IN JAPAN 裏にはMADE IN IBARA」の岡山県井原製を示す織ネーム。

カバーサイズ.jpg

  サイズと仕様

サンプルのサイズ仕様です。

​本生産に向けてはサイズ感や仕様もさらに改良されますので、若干の変更がある場合がありますがご了承ください。